Sample Image

車の鍵のトラブルは鍵屋に解決してもらおう

車の鍵を車内に閉じ込めてしまったり、車の鍵を落として無くしてしまったとき、困ったという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

車のキーのトラブルは、車を使おうとしたときに発生しやすく、その場で焦ってしまうという人もいます。
急いで車を使いたいのに、キーが無い。ということもあるでしょう。

車のキーを閉じ込めてしまったとき、鍵屋に依頼して、車の鍵を開けてもらうなどをしたことがある人もいると思います。

車の鍵のトラブルについて、その解決方法と、鍵屋に依頼して出来ること、出来ないことについて紹介していこうと思います。


海外での鍵対策

とくにヨーロッパでは鍵に関してはかなり重い発想を持っています。
というのも、家に入るための鍵が3つも4つも必要だかだです。

基本的に家から出るときに関しては鍵をかける必要はありませんが、入る時に関しては、メインのドアに鍵が1個、自分の家に入るまでに上のカギと下の鍵、さらに床にある鍵など、最低でも3つは鍵が必要になります。
これは治安が悪ければ悪いほど鍵の数が増える傾向にあります。

さらに、ヨーロッパの治安の悪い地域だけではなく、ヨーロッパに戦略された中南米に関しても鍵文化はいまだに残っています。
メインゲートや自分の家の玄関の鍵はもちろんのこと、様々な場所に鍵を必要とするほど、いくつもの鍵を持ち歩いている人が多くいるほど、このあたりの地域も、鍵をなくして暮らせないのです。

ちょっと北のほうに行ってアメリカであっても、今はかなり治安が良くなってきたといえども、まだ治安が落ち着いていない場所も多々あります。
そんな所では、家に入るまでにいくつもの鍵を開けなければいけないほど、鍵を持っていなければいけませんし、それを開ける際も、それなりの警戒を図らなければいけないので、海外に住む際には注意しなければいけません。


住まいを守る!ピッキング・破壊に強い鍵

どんなにセキュリティに優れた住居物件、あるいは治安のよい環境の自治体に住んでいたとしても、、抜かりなく行っておきたいのが住まいの防犯対策です。空き巣や強盗などの物盗り犯行に加えて、ストーカー被害やいたずら・誘拐などの人身被害を防ぐ上でも、できる限り万全の対策を施すことが大切です。

特に留守宅を狙っての空き巣は怖いものですが、ピッキングや玄関鍵そのものの破壊を行ってから家屋内に浸入されるのを防ぐためには、自宅の鍵が本当にセキュリティに効果的なのか、定期的に検査を行ってみた方がよいでしょう。

悔しいことに、ピッキング犯罪者の技術は進化しています。それに合わせてこちらも最新式の鍵で対抗しましょう。ごく普通の旧式鍵は簡単に合鍵を作れてしまうこともあり、かなり不安がありますのでこの機会に取り換えてもよいでしょう。

ピッキングによる解錠や鍵部分の破壊に10分以上かかるような場合、多くの犯罪者は困難と判断し、周囲の目を嫌ってあきらめると言われています。このように、犯罪に対する耐久性が高いものほど、セキュリティ力が高い鍵と言えます。

指紋を認証する形の鍵やカードタイプの鍵は、一般的にピッキングに強いとされており、近年はだいぶ値段もリーズナブルになってきましたので、一般家庭への導入もおすすめです。また、番号入力式の鍵は、鍵そのものを持ち歩く必要もないので使いやすく便利です。

防犯対策に優れた鍵は、各タイプで入手可能です。ご自分の生活スタイルに合わせたものを選んで、しっかりと自分の住まいを守りましょう。そしてもちろん、玄関以外の窓などの閉め忘れにも要注意です!


家族で行う鍵の管理について

鍵に関する管理で注意をしなければいけないのが、家族で鍵を管理をする場合の鍵の紛失リスクの軽減になります。当然複製をした鍵の1本でも紛失したら、その鍵を元に家に侵入されてしまうリスクがあるため、鍵そのものを交換する必要が出てきます。そのため、なるべく鍵の複製は最小限に抑えておくことが望ましいですが、家族の人数が多くなってきた場合、中々そうはいかないのが現状です。

特に考えなくてはいけないのが、子供の鍵の管理です。最近は共働きの家庭も増えてきたため、ある程度子供が大きくなった場合、家の鍵を持たせて、自由に出入りできる状態にしている家庭も多いと思います。しかし、子供の場合、注意が行き届かず鍵を紛失してしまうことがありますので、鍵の管理に対する対策が必要となります。まずは子供を学校帰りに塾に通わせ、塾へお迎えに行くなど、子供が鍵を持たなくても良い環境を作ってあげることが大切となります。

ただどうしても鍵を必要とする場合は、日にちを限定して鍵を持たせてあげるようにしましょう。

子供の他にも、年寄りの鍵の管理や同居していない親へ家の鍵渡しているケースなど、鍵の複製を行う場面はさまざまあります。どのようなケースにせよ、小さな注意と工夫を行うことで、鍵の紛失リスクは軽減します。工夫して生活を行うのがよいでしょう。


Copyright(c) 2016 車の鍵が回らない時は鍵屋にキーロック解除を依頼 All Rights Reserved.